【舞台収録のこだわり】舞台を創る人達へのリスペクト

「舞台収録は完成された作品を撮影させて頂いている」

この事を忘れてはいけないと思います。

 

プロデューサーや主催者は

劇場、スタッフ、役者の準備、脚本作り、演出、美術など。

 

役者さん達は役の準備での台本読みから1か月の稽古や体調管理など。

 

そこに音響さんが音をつけて、

照明さんが舞台を彩ります

他にも沢山の人達のおかげで舞台が出来上がります。

 

そうして完成した演劇はひとつの作品。

 

そこに、収録、配信する人はリスペクトと感謝を持って対応をする事はとても重要だと思います。

 

 

新型コロナの影響で映像が重要になってきていますが、決して忘れてはいけない事です。

 

 

 

 

次回は「舞台収録、撮影前の準備と心構え」です。