【舞台収録のこだわり】無料ダイジェストを作る経緯

今のような形になるまでに色々な事がありました。

 

株式会社Hakuaを立ち上げる前の会社(映像事業部)での事です。

 

きっかけは演劇のサンプル映像としてHPに出していたことからです。

サンプル映像は評判も良く、舞台撮影、編集、主催者側の映像確認を繰り返すたびにスキルが上がり、

毎回サンプル映像も制作し結果サンプル映像が増えていきました。

もちろん当社のサンプル映像として作っていたので無料作成です。

 

演劇サンプル映像が増えるとスタッフから

「演劇動画の配信サイトのようですね。」と言われ「面白そう」と思いました。

 

当時2007年ぐらいだったと思います。

YouTubeはありましたが、趣味動画などが多い時でした。

広告も無かったと思います。(あったらすいません)

 

 

 

初めは、

自社でホームページ

演劇動画サイト 演劇.コム 

 を作りました。

(現在はありません)

 

公演情報やダイジェストを発信して

映像で演劇界を盛り上げようとしました。

 

時代の流れで2010年からYouTubeでも配信して欲しいと演劇プロデューサーから言われてYouTubeにも配信しました。

https://m.youtube.com/user/eizofly

 

事業部もだんだんと忙しくなり

HPの更新が負担になり始め

HPでの利益も無く

「会社側としてやる必要があるのか?」という意見も出ていました。

 

私としてはネットに可能性があると思っていたのですが、時代がまだまだでした。

会社としてやはり利益が出なければなりません。

 

HPを廃止してYouTubeのみ残す事となりました。

この時はまだ、ダイジェスト配信する意図がはっきりしていませんでした。

 

 

 

2013年に前会社から映像事業を独立してほしいと言われ

演劇の映像事業を私が引き取りました。

 

演劇以外の撮影を抱えていた中で

演劇収録/撮影/編集に集中できる様になりました。

 

それから私の中でもモヤモヤしていた

ダイジェスト配信の意図を明確にしました。

 

一番重要な事は演劇主催者側への利益です。

 

主催者側が盛り上がる事で規模が大きくなり

収録規模拡大や映画館での上映会等に繋がります。

 

ダイジェスト配信でどう利益を高めていけるのか?

 

それは簡単な事でした。

最初は次回公演に繋げたいという思いが強かったのですが

DVD&Blu-rayの売上を伸ばす事でした。

 

 

YouTubeの登録者数は1560人です。(2020年10月現在)

決して盛り上がっているとは言えませんが

登録して下さっている方々に感謝しつつ

新しいダイジェストを観て新たな演劇のファンになって頂き

集客や販売促進に繋がり演劇界全体が盛り上がっていけばと願っています。

 

そうなっていける様な魅力あるダイジェストを作成するよう

これからも心がけていきたいと思います。

 

 

 

 

 

次回は「舞台を創る人達へのリスペクト」です。