【舞台収録のこだわり】演劇の可能性を高める

ホームページの表紙の文章でありHakuaのミッションでもある

 

「舞台動画の価値を上げる」事です。

 

舞台(演劇、ミュージカル)=ライブですが、

 

ライブはその場に来て、観る事に最大の価値がありますが

チケットやタイミングで観に来られない人はどうすればいいのか?

そんなお客様に舞台(演劇、ミュージカル)を観て頂く方法はたった一つしかありません。

 

それは「動画(映像)」です。

 

今でこそコロナの影響でライブ配信として動画化が高まりました。

でも、残念ながら舞台(演劇、ミュージカル)ライブ配信は伸びていないのが現状です。

 

2020年のコロナ初期の時のTwitterなどSNSの書き込みを見ると撮影技術的なものは予算が計算できない事もあり、

舞台収録に慣れていない業者さんが、

2020年5、6月(1回目の緊急事態宣言)に配信した事が、

お客様を舞台(演劇、ミュージカル)ライブ配信から遠ざけることになったようです。

 

弊社にも数件の見積りがありましたが、金額が折り合わず連絡が来ない所やお断りの連絡が来ました。

舞台(演劇、ミュージカル)収録は学校の発表会、習い事の発表会の感覚での撮影やスイッチングだと、

ただ舞台上を写しているだけになります。

 

「写す」と「撮る」の違いです。

 

これには致命的な違いがあります。

一言で言うと「作品の意図を読み取り撮影する」(脚本や演出家の意図や役者の芝居への想い、それらを形にする舞台のテクニカルスタッフの方々の思い、それを見つけ撮影)トップランナーの素晴らしいカメラマンの方やスイッチャーマンの方からは「そんなの当たり前だろ」と怒られるかもしれません。

 

でも、人間は基本を疎かににしてまでお金を重要視してしまう場合もあります。

その代償は舞台業界や動画制作からみてもマイナスイメージしかありません。

話がそれましたが、「舞台動画の価値を高める」事でライブ配信等で集客以上の人達に見て貰いDVD、Blu-ray等の物販での売上増に繋がる様に主催者様、劇団様の更なる可能性が求められる様にしたいと活動しております。

 

まだまだ具体的な内容ではありませんが、

 

結論は、

「面白い舞台動画を提供できれば、凄い可能性があるコンテンツである」

と言う事です。

 

面白い舞台動画(演劇、ミュージカル)を作るの事は「撮影技術」や「編集技術」が必要です。

その技術を身に着けるのにも時間はかかります。

 

ステイタスを高め、若い人から「やってみたい」と思わせる業界にしていく為の「舞台動画の価値を上げる」でもあります。

 

次回は「無料ダイジェストをつくる経緯」をお伝えします。