【舞台収録のこだわり】いい画には具体的な理由がある

写真も映像も四角フレームの中でどう撮るか。

 

そう考えると創り出す画の出来る事は案外少ないんです。

 

 

・被写体(ジャンル、表情、瞬間、サイズ)

・画角(アングル、ポジション)

・フォーカス、

・アイリス、

・照明(光)の使い方

・質感(フィルム、シネマとも言う)

・色味 

etc

 

大まかに言うとこれぐらいです。

(もっとあったらごめんなさい。)

 

 

プロの方は各項目で突き詰めていると思います。

ここでは技術的な事は話しません。

根本的なお話。

 

 

いい画にはその人の魂が入っている。

 

 

「それは精神論で、それが分からないんだよ。」

と思われた方もいると思います。

 

 

魂を入れるとは「突き詰める=考える、悩む」ではないかと思います。

 

 

例えば、 

 

フレームの空間の作り方も1、2ミリ空けるだけで変わります。

フレーム内でのサイズを1、2ミリ変わるだけでも違います。

カットを変える時も数フレ違うだけで変わります。

シュチュエーションや受け取り方(何を見せたいか)で画創り、カット割が変わります。

 

 

「こんなもんかな」で創った人の画と、

数ミリ、数フレ、色味やアングルなど真剣に考え悩み突き詰め、創った人の画では、どちらにその人の魂がやどるでしょうか?

 

 

さあ、

四角フレームの中でどんな画を創るか。

何を見せたいのか。

 

 

ワクワク!

 

 

 

次回「殺陣(アクション)撮影をどうカッコ良く撮るか(演劇用)」です。

#舞台収録 #舞台撮影 #演劇収録 #演劇撮影