今のような形になるまでに色々な事がありました。 株式会社Hakuaを立ち上げる前の会社(映像事業部)での事です。 きっかけは演劇のサンプル映像としてHPに出していたことからです。 サンプル映像は評判も良く、舞台撮影、編集、主催者側の映像確認を繰り返すたびにスキルが上がり、 毎回サンプル映像も制作し結果サンプル映像が増えていきました。...

ホームページの表紙の文章でありHakuaのミッションでもある 「演劇の可能性を高める」 それは「演劇映像の価値を上げる」事です。 演劇=ライブですが、ライブはその場に来てみる事に最大の価値がありますが チケットやタイミングで観に来れない人はどうすればいいのか? そんなお客様に演劇(舞台)を観て頂く方法はたった一つしかありません。 それは「映像」です。...

スタッフブログ · 2020/10/10
繋ぎ乱れの件でパナソニックへ入院していましたAW-HS50が戻って来ました 繋ぎ乱れの原因判明しました

スタッフブログ · 2020/10/01
TEAM風雷Bowさんがオープニング映像をアップしていました。 これは2カメラで1オペレーターでした。 ということはオープニングの出演者紹介シーンを1カメラですべてフォローしなければいけません。 前回の業者さんはすべて間に合っていなかったそうです。 今回は当社ダイジェストを観たのと舞台監督と当社が知り合いで紹介という形で受けた案件です。
スタッフブログ · 2020/09/25
撮影やスイッチャーをする上で やはり強い気持ちを持って臨む事の 重要性を感じます。 協力カメラマンさん演劇収録は 「役者さんとの戦いでもある」 と言った事があります。 カメラマンさんに 「戦うんですか」 と笑われました。 私は、それぐらい真剣に向き合う必要がある という事を言いたかった。 役者さんは 1カ月の稽古、殺陣やダンス、台詞覚え、...
スタッフブログ · 2020/09/25
昨日は3カメラでの配信、 カメラ数が少ないのでカメラマンの負担が多いです。 配信が増えてカメラマンよりスイッチャーをやる事多くなりました。 気づいた事 カメラマンが創る画にまだまだ技術の奥深さを感じた。 四角いフレームに被写体をどう収めるか 位置や空間、タイミング、画に対しての意図 そう言った画をスイッチャーという位置で客観的に見る事で、...

スタッフブログ · 2020/09/13
まいど、舞台収録のHakuaスタッフブログです。 最近、配信が多いです。 そしていろんな現場で活躍しているカメラマンさんから、いろいろご教授を頂い事を、自分の戒めとして書きます。 いいスイッチャーマンはカメラマンを褒める。 カメラマンに気持よく撮影してもらう事で、いい画を作ってもらう そして、最も重要な事は 「シンプルな指示出し」...
2020/08/01
まいど、舞台収録のHakuaです コロナの影響でライブ配信の需要が高まっています ライブ配信で重要になるのが画を切り替えるスイッチャーです。 当社はパナソニックのAW-HS50を使用します 2010年発売モデルでインタフェース系がHDMIが無かったりしますがSDI入力4つあるのは魅力です 音響システムも無くシンプルかつ小型なスイッチャーが魅力です

2020/07/07
<あらすじ> -覇権を求め、戦は続く。 近嵐の國は争いを唱える。豊かな壌土と安らぎを求めて。 千代見の都は和平を唱える。戦を終わらせ民を慈しむために。 かつての友・シキミと分かり合えると信じ、 千代見の当主・えにしは近嵐の國へと赴くことを決める。 侍衛、正成は誓う。守る、と。武将、忠時は契る。戦う、と。半蔵、燎は笑う。共に行く、と。...

2020/07/07
本編では、メインキャラクター6 名(九十九丸 、 螢、黒羽実彰、縁、鷺原左京、鈴懸) の日替わりルートが劇中2シーン あります! ルートにより、メインキャラクター以外のキャラクターの出演量も変るので全てのルートが見どころ満載!! <あらすじ> 巡る輪廻の現世(うつしよ) 永遠の時を往く常夜(とこよ)...

さらに表示する